MENU

インプラント

歯科で行われているインプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。

「食べ物が美味しくない」「入れ歯は嫌だ」「恥ずかしい」という方の為に自分の歯と同じように噛めて外見も全く自然で、取り外しの必要もない治療がインプラント治療です。「第2永久歯」といわれるほど、機能的にも見た目にも、天然の歯に最も近い状態に戻ります。

かむ力を支えるのが、普段は見えない歯茎の中の「歯根」という部分です。「歯根」があごの骨にしっかり根付いているから、歯は体重ほどの強い力でも支えることができます。しかし、ブリッジや入れ歯で作る歯には、歯根がないため、かわりに他の歯や歯茎を支えにします。

インプラント治療なら人工の材料で、歯を、歯根からまるごとよみがえらせることが可能になります。インプラントが骨にしっかりと埋め込まれて固定されるので、再現する歯は自立でき、他の歯や骨に負担をかけることはありません。インプラントで得られる歯は、まるで自分の歯のような感触です。その自然さはインプラントを入れていることを忘れてしまうほどです。また、かむ力が適切に骨に伝わるため、骨と歯茎がやせにくくなり、口元を若々しく保つ効果があります。

歯を失った場合の治療方法の比較

インプラント

メリット

  • 違和感がほとんどない
  • 他の天然歯を切削せず、負担もかけない
  • 固定式のためしっかり噛める

デメリット

  • 健康保険適用でないため、費用がかかる
  • 外科処置を要する
  • 全身疾患を持つ方に適用できないことがある
  • 治療期間が比較的かかる

ブリッジ

メリット

  • 異物感が少ない
  • 健康保険適用である(セラミックなどは自費治療)
  • 固定式のためしっかり噛める

デメリット

  • 土台となる歯を比較的大きく削る
  • 土台となる歯に大きな負担がかかる
  • 場所によってはブリッジができない(奥の歯がなかったり、抜けた歯が多かったり)

入れ歯

メリット

  • 治療法が単純で期間が短くて済む
  • 健康保険適用である(金属床などは自費治療)
  • 歯を少しだけしか削らない

デメリット

  • 床の部分が歯茎に接するため異物感が大きい
  • 取り外し式で天然歯ほどは噛めない
  • バネのかかる歯に負担がかかりやすい
  • 審美的に問題がある

©2020 星野歯科クリニック